食器を作る西原良三さん

バナー

食器を作る西原良三さん

西原良三さんの趣味の1つに、食器を自ら作るということがあります。陶芸などの体験教室で、西原良三さんは自分好みの食器を作っています。
きっかけは、西原良三さんがぐい飲みが欲しいと思った時でした。日本酒を自宅で飲む際に、自分用のぐい飲みが欲しいと思った西原良三さん。 色んなお店を探して回ったところ、どうにもピンと来るものを見つけることが出来ませんでした。
ある時に、「ないなら作ればいいのか!」と考えてぐい飲み作りに挑戦しました。
様々な工程があって大変だったものの、見事に自分好みのぐい飲みが作れた西原良三さん。 そのぐい飲みで日本酒を飲んだところ、いつも飲んでいるものがいつも以上に美味しく感じました。 自宅で日本酒を飲む際は、必ず自分で作ったぐい飲みを使用しています。
それ以来、自分で欲しいと思った食器は作るようになりました。

最近ではコーヒーカップやパスタ用の皿を作りました。どちらも自分好みに仕上がったようで、西原良三さんは非常に満足しています。 特にパスタ用の皿は会心の出来で、パスタを食べる機会が増えています。
今度はラーメン用のどんぶりを作ろうと考えています。西原良三さんはどんなラーメン用どんぶりを作ろうかと、楽しみながら考えています。 頭の中のイメージをノートに書き出し、最高のどんぶりを考えています。

西原良三さんは自分が欲しいと思った食器を探し回るのもいいけれど、 作るのも楽しいと考えています。自分で作ったものなら買ったもの以上に愛着も湧きます。
また作っている最中も楽しいようです。真剣に集中して作り、様々な工程を経て思い通りのものが出来た瞬間は、達成感もあって気持ちいいようです。 さらに学生時代の美術の授業を思い出し、懐かしい気持ちになっています。
さらに自分で食器を作るようになってから、売っている食器やお店で使っている食器を見るのが楽しくなったようです。そこからヒントを得て作っている時もあります。

趣味と実益を兼ねた食器作りを西原良三さんはお勧めしています。自分好みの食器を作るのは楽しそうです。

Copyright (C) 2016 食器を作る西原良三さん All Rights Reserved.